夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「お互い考える年なんだね」

            2010.09.23
F.N.さま

「お互いいろいろ考える年なんだね」というふうな話をした前回のお手紙とそのお返事でしたが、
わたしもやっぱりあれこれ書こうと思ったり止めたりで、日が過ぎました。
今日は気楽に、最近観ている番組のことを書くつもりです。

『HEROES』はファイナルシーズン。
Season1.2.3と観てきたので、評判はどうあれ最後まで見るつもりです。

人気ドラマ『フレンズ』に出ていたコートニー・コックスの『クーガータウン』。
40代の肉食系女をクーガーと言うのだそうです。
若い男の子も、熟練のお色気で喰っちゃいます。
とにかく「40代」「女性」というキーワードが出ていたら、見ちゃいますよ、そりゃ。
そう思って見始めて、今ひとつ面白さはピンと来ていないけど、
やっぱり毎週見てしまっています。

ボツワナを舞台にした『No.1レディース探偵社』。
すごく太っているけど笑顔がチャーミングなヒロインは、いつもカラフルなアフリカらしいワンピースを着ています。
秘書学校では97%の正解率だったことを誇る細身のミス・マクチは、いい味を出してます。
原作があるんですね。本も読んでみたい気がします。
アメリカの『CSI』などとは全然違う、ゆるい捜査。
アメリカの刑事ものや法廷ものではあり得ない、ザルの法律、やりたい放題の人々、ぬるい解決。
それはとても新鮮です。
これをアメリカを舞台にやってしまったら、嘘っぽくて見られない展開だと思いますが、
ボツワナの風景の中ではあってもいい気がしてきちゃう。
ドラマを見るとゆっくりしたテンポに慣れて、なんとなくゆったりした気分になるので、
リラックスにいいドラマかもしれません。

映画『バグダッド・カフェ』をスカパーで見たら、主要キャラを演じている黒人女性が
何度もアメリカドラマで見ていた顔だと気付いて驚きました。
『シールド』というドラマでは黒人女性警官をやっていて、
この役は最後には署長になっていました。――ガンで死にかけの署長だったけど。
『ダナ&ルー リッテンハウスクリニック』では死刑囚の母親、
一回だけの出番でハンガーストライキをしている役でした。
『ザ・プラクティス』でも誰かの母親役。
一回かそのくらいの出番で、病室でつきそっていました。
それがこんなにイライラして怒鳴り散らしている場末の黒人女性をやっているので、
芸達者な役者さんなんだなぁ、と感心しました。

2006年の映画『マルタのやさしい刺繍』が、ついにスカパーで放送されて嬉しかったです。
まあまあだったかな――でもこういう映画はいくつ見てもいいですね。
わたしの好みです。

さて、便せんと封筒セットの規定の3枚が埋まったからここまでにします。
数を合わせると1回当たりの便せん枚数は3枚になるの。

またそのうち話したいことがたまったら書きますね。

スポンサーサイト

PageTop

水辺の秋

水辺の秋


水辺に一輪、秋が咲いている。

PageTop

お大事に――

            2010.09.23
N.T.さま

Nさん、ご無沙汰してしまいました。
暑中見舞いをいただきながら、すっかり遅い返信となってしまい、申し訳ありません。

お葉書では少しずつ体調が戻っていらっしゃったというお話でしたので、
とても嬉しい思いで読みました。
でも今年は本当に暑い日ばかり続いた記録的な猛暑でしたから、
その後いかがお過ごしかと心配な気持ちでした。

今日を境にようやく秋になるということですが、
お元気でお過ごしでしょうか。

わたしも最近、テレビはほとんど見ていません。
たぶん週に1時間も見ていないと思います。なので、人の話になかなかついていけません。
今話題になっていることも知らないし、どんな番組があるかも知らないからです。
でも、下っ端仕事をかけもちしている2つの職場とも、もう長くなってきましたので、
「この人は話が通じない」ということが定着しました。
テレビのことは話しかけられなくなりました。

新聞を再開なさったのですね!
Nさんといえば新聞でしたから、なんだか嬉しいです。
いつも前向きに情報収集なさるNさんですから、
世間のこともわたしよりずっとお詳しいと思います。

わたしは今年は40代に入り、お若い方の台頭や成長を見るにつけ、
年をとったと感じております。
50代になるまでに、Nさんのような明るさをもっと身につけたいものです。

どうぞお大事になさってくださいね。

好きで書いていますので、お返事なんてお気になさらず、読み流してください。

                       Yuki

PageTop

秋の訪れ

秋の訪れ


ああ、こっそり隠れて彼岸花が咲いていた。

夏は去りがたい様子で最後の光線を送っているけれど、
もう秘かに秋が到着していた。

PageTop

彼岸花

年によって開花時期に違いはありますが、秋のお彼岸頃に咲くので、曼珠沙華は「彼岸花」とも呼ばれます。

曼珠沙華の群生地は真っ赤に染まり、とても見事な様子を見せるので人気です。
いくつかありますが、わたしも一番近い群生地に行くことがあります。
花の時期は短いので、うまく機会を捉えられない年も多いですが、今までに何度か足を運びました。

一斉に赤い花が咲き誇ると、まるで赤いじゅうたんです。
華やかに花弁を広げて、派手やかな赤に染まって、花ばかりが大きく咲き、豪華な花です。

こうして見に出かけていくのは、わたしにとっては「曼珠沙華」。
子供の頃に田んぼのあぜ道などで見かけたのは、わたしにとっては「彼岸花」。

今は曼珠沙華を綺麗だと思いますが、子供の頃はあまり好きではありませんでした。
「彼岸」というのはお墓参りを連想させ、死を喚起する言葉なので、子供心にはなんだか縁起のいいものには思えませんでした。

それから「彼岸花には毒がある」と聞いたので、触れると皮膚がただれそうな気がして怖かったのです。
真っ赤な色も、毒のある蛙がとても鮮やかな色をしているのと似て、恐ろしい毒の証拠に見えました。

彼岸花は田んぼのあぜなどによく咲いていましたが、稲の葉や草色のあぜ道の中で、赤はとても異質で、目立っていて、それも毒々しく見えました。

今では田んぼに曼珠沙華が咲いている写真など、とても美しいと思って見たりするのに、恐怖心というのは不思議なものです。

PageTop

虫たち

虫たち


秋の光を浴びて、虫たちの午後。

PageTop

楽しむこと、楽しませること

去年、9月に新宿区のお祭りに行きました。
文化センターで行われている、いろいろな民族舞踊を楽しめるお祭りです。

見ていて一番楽しかったのは、アフリカの太鼓と踊りをしている日本人グループでした。

なぜ楽しかったかというと、どうも「本人たちがとても楽しんでいるから」だと思うのです。
特に踊っている女性たちは、全員がとても楽しそうで、笑みを浮かべて踊り狂っていました。

当然どのグループも、特別な演出以外は笑顔で踊っていましたし、楽しそうでしたし、楽しかったろうと思います。
でもこのアフリカのグループは一番でした。根っから楽しんでいたように見えたのです。

中には最初に挨拶の言葉があって、「見ている皆さんを少しでも元気づけられるように踊りたい」という、グループ目標を語っているところもありました。
でもそれよりもなぜか、「あぁ、この人たち、踊っていて本当に楽しいんだなぁ」と思えたアフリカグループのほうが、こちらも楽しかったのです。

こうしよう、ああしようと演技を考えずに、没頭して楽しんでいる様子のほうが、見ているほうをより楽しませることがあるのですね。
かといって、何も考えずにやればいい、というものでもないと思うのです。

自己満足で自分がいいと思うものを出したからといって、それがお客にもいいとは限りません。
それは料理でもそうだと思うし、テレビ番組などでもそうだと思うし、演劇やダンスでもそうだと思うのです。

こういうバランスは難しいもののようで、自分の心を分析しても、どのくらいどうだったらより感動するかなんて、分からないのです。

PageTop

水辺の光

水辺の光


川は光を集めて流れるのだ。

ときおり、光は留まって、チカチカと踊るのだ。

PageTop

残暑

Xさま

ああ、ようやく9月になったなぁ、とホッとします。
まだまだ暑いですが、9月になれば「もう秋が来る」と思うので、安心できます。
わたしにとって夏は、じっと身を潜めている気分です。

去年は自分がすごく汗をかいていた気がします。
「年をとると汗をすごくかく」とよく聞くので、これは体がおばさんになっていることかと思いました。
たまたま去年は猛暑だったので、自分の体の変化なのか、それとも例年にない暑さのせいなのか、判別できませんでした。

でも――どっちもあったのだと思います。

例年にない猛暑だったから、汗だってそりゃいつもよりも出ていたのも事実だと思うし・・・・・・
自分が年をとったことも事実だと思うからです。

年はとっていきますね。

わたしは年をとっていくということを、あまり何回も言い過ぎるような気がします。
でも言わずにはいられないのです。
つい言ってしまいます。

周りの方が聞いていて気持ちのいいものではないかもしれませんし、返答にも困るでしょうから、気をつけなければと思っています。
――でも、つい言ってしまうのだろうな。

今日は、ここまででやめておきます。
どんどん愚痴っぽくなってしまいそうだから。

やっと9月になったとはいえ、まだまだ残暑の季節ですから、お体には気をつけて。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。