夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スイートヴァイオレット

 すみれは春を告げる花。春の「兆し」の頃ではなく、いよいよ暖かくなってくるとあちこちに紫色が見られるようになる。
 すみれの紫はとても美しくて、群青色とも紫とも思える色合いを見ていると、この花が「ヴァイオレット」と呼ばれるのは当然だと思える。
 もっと薄青いすみれの花も見かけるけれど、わたしがイメージするのはやはり、濃いめの紫の花弁。
 この色のすみれの中に、ニオイスレミ、セイヨウスミレがある。
 明るい紫の花弁に、ハーブのような産毛のある葉のニオイスミレ。英名はスイートヴァイオレット。
 「赤毛のアン」の作者、モンゴメリーの作品でよく見かける。
 モンゴメリーは、「赤毛のアン」シリーズ以外の作品でもプリンスエドワード島やカナダの自然豊かな土地をよく舞台にしている。北の地方では、春や秋の美しさが鮮烈だ。人間ドラマも面白いけれど、この風土描写もモンゴメリーの作品の大きな魅力になっている。
 春になると、アンや他の女性の登場人物たちや、時には男性が、「ニオイスミレの花束」をプレゼントする。愛情を感じている相手に――。
 恋する人のこともあるけれど、異性とは限らない。愛する家族に散歩の折に摘んで帰ったり、親しい知り合いや好意を抱いている知り合いに送ったりする。
 「ニオイスミレの花束を」という文字を読んだだけで、甘い香りが感じられるように思える。本の中に春を感じる。それが「スイートヴァイオレット」だと知れば、それはそれで春を感じる。西洋らしい春を感じる。
 実際にニオイスミレの香りを知っているわけではないのに。
 すみれは地面に近いところで咲いているし、一面すみれという森を歩いたりしたことはないので、匂いを認識したことはない。花束にするほど摘んだこともない。
 もし誰にも見られない場所でニオイスミレを見ることができるなら、地面に寝転がって匂いをかいでみたいものだ。
 それともやはり、摘んで帰ろうか・・・・・・。

スポンサーサイト

PageTop

葉陰

葉陰


地上にも、小さな葉の小さな葉陰ができる。

その葉陰に、小さな花が咲くこともある。

PageTop

その人を見る

 「笑顔で挨拶」とよく言う。
 笑顔で挨拶することが人間関係をスムーズにする。人によい印象を与える。社会人として、挨拶は基本の基本である。
 わたしが通うある職場では、受付に警備員さんがいる。朝、たくさんの人が「おはようございます」と挨拶しながらそこを通る。そういうのどかな雰囲気のある職場だし、警備員さんもぎすぎすしていないのだ。
 たくさんの人に挨拶されるから、警備員さんもすべての人は覚えていないかもしれない。 わたしなどは毎日通う人間ではないから、余計だ。
 でも同じ職掌の他の人より、警備員さんに認識されているようだ。
 どうしてだろう。
 一歩踏み込んで考えてみる。
 受付に座っている警備員さんに「おはようございます」と言い、お辞儀をする。でもそのとき、相手の顔を見ていないこともある。相手を特に認識せず「おはようございまーす!」「お疲れさまでーす!」と挨拶することもある。
 わたしはお辞儀をする前に、相手の顔を見る。自分が挨拶している人が「通りすがりの警備員さん」ではなく、「ああ、この人か」と認識して挨拶する。名前を知らないまでも顔は認識する。
 もう少し考えてみる。
 「挨拶」はしていても「笑顔で挨拶」はしていない人も多い。または「ほほえみ」くらいの笑顔だとか。
 わたしの表情は、カタコト手話を使うようになってから少し豊かになった。大げさになったと言い換えることもできる。「笑顔で挨拶」というときも、笑顔は大げさになっている。
 総合してみると――
 極端な言い方をすれば、顔を認識することと大げさな笑顔をすることで、「ああ、あなただったんですか。会えて嬉しいです」というレベルの「おはようございます」になるのだと思う。
 もしそれが、会うたび毎回だったら、同じ回数会っていても「ほほえみながら挨拶」の人よりも強く認識されるだろう。
 そういう理屈があるのかもしれないな、と思う。
 しかしこうも考えられる。わたしはよくぎりぎりに着くので、もう人のいない静かなロビーに一人で「おはようございます」と入っていくことが多い。だから認識されやすいのではないか。
 こちらも有力な説なので、結局ただそれだけのことなのかもしれない。

PageTop

花大根

花大根


場所を選ばず大地を春の色で埋める。
はかない風に揺れる花びらで埋める。

花大根がじゅうたんになる。

PageTop

酒とタバコとその他のこと

 お酒の席につきあうことができる人は、その分有利になることがある。食事に行きましょう、飲み会をしましょうという誘いに気軽に乗れる人は、親しい仲間が増え、つながりが広がっていくことがある。
 お酒を飲めなければいけないとは言わない。お酒を飲まなくても、楽しくその場にいられればいい。
 「私は飲めないから、そういうところには行きたくない」という気持ちが表れている人、小さい子供がいるから行けないという人、わいわい賑やかにやるのは好きではないという人、そういう人たちは閉めだされてしまう。
 一緒にいて楽しい人、気軽につきあってくれる人は何度も誘われるようになり、酒の席で何度も顔を合わせる人とは親しみも湧き、よく知らなかった別部署、別支社の人とも知り合える。
 職場外でつきあわなければいけない、ということはないが、職場外でつきあわなければ得られないものもある。
 タバコを吸う人が多い職場では、タバコを吸わない人はタバコ仲間に入れない。
 タバコ休憩で行く喫煙所には、他からも喫煙者が集まっている。一本吸う間に世間話をする。もっと突っ込んだ話もする。愚痴を言ったり、噂話をしたり、笑い話をしたりする。
 何度も顔を合わせる人とは親しくなる。タバコ仲間ができる。
 吸わない人はその機会を自ら失っているのだ。
 酒やタバコがやれない人は損をすることがある。
 しかし会社によっては、タバコを吸わない人のほうが多い場合もあり、そういうときはタバコをやれても役に立たない。どちらかというと損である。「あの人はタバコを吸ってくるって言って、一日に何度も席を離れる」と思われるかもしれない。「あの人に近寄るとタバコ臭くてかなわない」と敬遠されるかもしれない。
 場所によっては、酒でもタバコでもない場合がある。
 ある一連の系列機関では、登山をする人が多かった。
 休みの日に一緒に山に行く。休暇のときに一緒に遠くの名峰に挑む。飲み会では山の話で盛り上がる。
 山の話で盛り上がれない人は、蚊帳の外になってしまう。山登りに興味がない人は、休日の登山で親しくなったり、今は別支部にいるがやがて異動するであろう偉い人と顔見知りになることもない。
 ここでは山に登らない人は損をする。わたしはここで出世していく人間ではないが、正規雇用だったら登山を始めるべきだろう。
 その会社で楽しく仕事ができるかどうかは、こういったことも関係がある。仕事の内容そのものが合っていても、会社の性質が合わないと損をする。

PageTop

雪柳

雪柳


今はまだ、少し花を咲かせ始めただけ。

でもあっという間に真っ白になる。

PageTop

敵の敵は味方

 Aさんの下にアルバイトさんが入った。Aさんはそのアルバイトさんが大のお気に入りになり、ハネムーンのように甘いムードで仕事をしていた。
 見た目がテキパキしているアルバイトさんだったので、一見有能そうに見えた。Aさんは絶賛する。「彼女なら任せられる」「とても能力の高い人なのよ」
 Aさんを嫌っているBさんとCさんは、もっと冷静な目でアルバイトさんを見ていた。「彼女は有能そうに見せかけてるけど、実はたいしたことないわ」「あの電話の出方、なってないわね」「気の利かない子ね」
 役に立たないということはなかったけれど、見かけほど有能ではない。それがおおよそ正当な評価だろう。
 一年が過ぎ、アルバイトさんはAさんに対して不満も感じるようになった。さらに時が経つと、その不満を口に出すようになった。同じ部署の仲間や、仲良くなった他部署の人などに話すこともあった。
 そういうことは、目に見えない野火のようにいつのまにか広がっていく。
 BさんとCさんは、アルバイトさんがにっくきAさんの愚痴を言っていると知る。
 敵の敵は味方。いや、どちらかというと手駒。Aさんが上司として無能で、人間性も問題があるためにアルバイトさんがどんどん辞めていく。そういう証拠になるものだから。
「あの子も悪い子じゃないわよ」
「よくやってるわ」
「Aさんよりよほど優秀よ」
 やがて誰かが言い出す。
「Aさんももったいないことよね。あんな大人でできるアルバイトさんを辞めたいなんて思うまでに追い込んで。彼女が辞めたらAさんが困るのに」
 もったいないと言えるほど有能かどうかは疑問の余地がある。かつてはBさんCさんもそう思っていたのに、今は違う。
「Aさんに反旗を翻すほど物の分かったアルバイトだった」となったわけだ。
「まともな人なら耐えられないわよ、Aさんのことは」
「ましてあんなにできる子じゃあね、嫌になって当然よ」
 あげくに期待が膨らむ。
「辞める前に人事部にAさんへの批判をぶちまけていってくれればいいのに」
 曇りのない目で見るということは、難しい。自分も他の人に対して、感情に左右された評価をしているのだろうと思う。仕事上の競合する相手のことは厳しい目で見て、敵じゃないと思う相手のことは甘く評価する。
 自分のある人に対する評価が、事情や状況に少しも影響されていないと言えるかどうか、常に顧みなければならない。
 でも、感情的に評価してはいけないという法律もないので、好きにすればいいのかもしれない。

PageTop

スノードロップ

スノードロップ


すっかり明るくなった日差しの下では、
雪の白がすがすがしい。

「でも私は春に属する者なのよ」

花弁に緑の印をつけて、
スノードロップは主張する。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。