夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花いっぱいの春

花いっぱいの春


花いっぱいの春


花いっぱいの春が来た!!

花いっぱいの春はむしろ
田舎の実家より東京の花壇に――

一輪の枯れた花もなく手入れされ、
冬の名残りの枯葉ひとつもなく整えられ、

色とりどりに咲くように配置され、
一斉に花開くように選ばれている。

花いっぱいの春が来た!!

道路脇の家の人たちが庭先の花壇を、
学校のPTAたちが塀ぎわの花壇を、
緑化作業員さんたちが駅前の花壇を、

花いっぱいの春にした!!


花いっぱいの春


花いっぱいの春


花いっぱいの春


スポンサーサイト

PageTop

田舎の岐れ路

田舎の岐れ路


田舎の岐れ路。
ここにも春が来ている。



PageTop

トウダイグサ

トウダイグサ


その土地の、その時代の子供だけの呼び名があったはず。

わたしにとっては「ボンドグサ」。
子供の頃に遊んだ子は皆そう呼んでいたから。

摘むと白い液を出すからね。
でも紙につけてみてもくっつかなかった。

同じ土地でも世代が違う子は、そんな言い方していなかった。

きっとどの土地にも、自分たちだけの呼び名があったはず。

PageTop

森の中

森の中


森の中


ここは森の中――公園だけど。
花壇も遊具もない――森林公園。

緑の中では、咲く花まで瑞々しさが増す。

PageTop

春木の花

春木の花


手を伸ばして、背伸びして、
わたしまで空に触れたいと思いそう。

春の木の花はいつも高く咲く。


PageTop

ゆらり

ゆらり


木陰に生まれたから、少しかよわいポピー、
ゆらりと囲いから抜け出した。

安全な柵から出て、少し小さいポピー、
ゆらりと風に揺れている。


PageTop

野に咲くボケ

野に咲くボケ


野に咲くボケ。
庭とも公園とも違って、好きなように。

野に咲くボケ。
庭とも公園とも違って、いろんな草木とせめぎあって。

野に咲くボケ。
だからちょっと小さくて、サバイバルに生きてる。


PageTop

せいくらべ

せいくらべ


見上げる遥かの空でせいくらべ。

まっすぐまっすぐ伸びた木が。

PageTop

早春の川辺

早春の川辺


まだ早春の川辺。
ようやく葉をつけ始めた木々。
ようやく緑に染まり始めた地面。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。