夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どうしたら上品に年をとることができるか

1121_139.jpg

1121_142.jpg


どうしたら上品に年をとることができるか

W・B・ウルフ

(「どうしたら幸福になれるか」周郷 博 訳より)



 人が元気な時代に年をとったときの用意をするということは、幸福というものをつかむ機会をずっと多くする。これは自明なことだ。社会的に責任を負った、成熟した人間は、老年が彼を比較的助けのない状態にしていくわけで、子供のころの無力な状態に逆もどりすると考えたら耐えられないはずなのだ。ところが、人間のなかのいなごのような性質の人間は、子供時代を卒業もせずに、神を頼りにし、社会を頼りにし、まぐれを頼りにして、彼らの最後の貴重な年齢のために何らの用意をしようともしないのである。幸福は、身体だけが大人で心は青二才な人間には、かなわぬわざなのである。彼の全人格はアナクロニズムだからだ。ちゃっかりと用心深い子供時代のゆたかな実がもてないように、精神的に発育不全な人は大人の人生のゆたかな実りを得ることができないのだ。彼らの生活の無計画さは、自身と自愛が欠けている証拠であり、彼ら自身がもっている人生の障碍に立ち向いそれを照明する自分自身の力を信じないということを示しているのである。

  幸福の追求は、現在および将来の両方についての決然たる計画なしには考えることさえできない。・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・

  若い時代というのは、われわれが招かれてしばらく滞在している美しい家のようなものだ。われわれの週末はたいへん楽しいものであったが、その家の主人がいらいらしてきて、はやく発ってもらうために何か偽りの口実でもいったりしなければならなくなるまえに、われわれは支度をして荷物をつめて、働くためにでかけなければならぬ。これは、うまいやり方でもあり正しいことでもある。身体と心の成熟と老化は、避けられぬ自然の法則だ。われわれは誰でも年をとって死ぬものだという窮極の真理からのがれることはできない。だから、この事実について哲学的であり、成熟につづいてくる時代を興味のある平和なものにする用意をしておくほうがいいのだ。これをするのには、われわれは上品に年をとるという芸術を学ばなければならない。

  上品に年をとるのにはわれわれが「ユーモアのセンス」と呼んでいる、あの一種の客観性(我執にとらわれない心)を最大限に要求される。若い時代と壮年時代を通して自分の満足ばかりに気をとられてきた男や女は、老年と死の問題を平静な心で迎えることがたいへんむずかしいことに思われるだろう。これは、神経症患者がどうしてもまともにとり組めない一つの冷厳な事実である。そのうえに、利己的な人はみな、彼の老年の辛い気持ちを慰めるために何か特別な神の加護を期待するものだ。

  そういう人の診断をしてきた経験から考えてみて、そういう期待はかなわぬものだということがわかるのだ。ほんとうに幸福な年をとった人々は、過去においてよいしごとを十分にやった満足を味わった人々、そうして彼らの気軽な時間を将来ゆたかで意味のあるものにするために何かの趣味に生き生きとした興味をあらわした人々なのだ。

  ・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・

  上品に年をとるということは若い時代に始められていなくてはならぬ。幸福な老年時代を過ごしたいと思う人は、読書や音楽や舞踊その他の芸術、とくに他の人々との交わりという冒険をやってみることをおろそかにしてはならぬ。イギリスの詩人ブラウニングがうまくいったように、人生の最後というものは、若い時代の目標なのだ。それなら、若い時代の消え去った楽園をいつも物欲しそうに眺め、そのためにわれわれが生まれてきたはずのあの現実を否定していて、どうして幸福になることができるか?この問題は、<こんにち、人間がこれまでになかったほど熟した老年まで生きることができるようになっている>のだから、それだけに、いそう大事なものになっているのである。



スポンサーサイト

PageTop

木の下の猫

1319_312.jpg



どっかに行くの?
もう僕から離れて行くんだね。

別にいいよ。
おもしろいものは世の中にたくさんあるからね。



木の下の猫/江の島の猫たち


PageTop

草の上の猫

1319_298.jpg


ほら、しっぽ。
立派でしょ?

ぴんと立てて歩くのが、
この辺じゃ、はやりなんだ。



草の上の猫/江の島の猫たち


PageTop

林の中の猫

1319_203.jpg



人間なんて、あたしが歩けばついてくるわ。
えさを持ってくっついてくるのよ。

あたしは好きなところに行けばいいの。
ほしいときにそっちを向くわ。



林の中の猫/江の島の猫たち


PageTop

石の上の猫

1319_200.jpg



神々しい光を浴びて、凛然と首をあげてる。

まるで神の猫でしょ?



石の上の猫/江の島の猫たち


PageTop

店脇の猫

1319_184.jpg


ふうぅ~、人がいっぱい。
踏まれないようにするのが大変だ。



店脇の猫/江の島の猫たち


PageTop

民家脇の猫

1319_183.jpg


ここが私の家ってわけじゃないんだけど、
今はしばらくこの辺に落ち着いてもいいかなって思ってるの。

だからここにいるんだけど、食べ物をくれるなら食べてあげるわよ。



民家脇の猫/江の島の猫たち



PageTop

花壇の猫

1319_085.jpg


私は見たいものを見るの。
聴きたい音を聴いて、行きたいところに行く。

今、誰も、何も、必要じゃないの。



花壇の猫/江の島の猫たち


PageTop

歩道の猫

1319_047.jpg


知らないよ。
近寄ってきたからって、振り向くわけじゃないよ。

気が向いたら撫でられてやってもいいけどさ。

愛撫もえさも、飢えてるわけじゃないからね。



歩道の猫/江の島の猫たち


PageTop

プーシキンの詩をふと読んで

1119_727.jpg


好きな詩を書き留めておいた若い頃のノートを見た。
ふと、プーシキンの春の詩が読みたくなって探してみた。
小鳥を空に放つ詩だ。


-------------------------------------------------------------------------------------
     小鳥
とおい他国(よそぐに)でふるさとの
ふるいならわしを守って
春のあかるい祭りの日に
一羽の小鳥を空にはなつ。

わが思いややにやわらぎ
たとえ一つの生きものにも
自由をあたえてやれたので
こころはふかく慰められる。
-------------------------------------------------------------------------------------


そのままページを繰っていたら、別な詩を見つけた。
その詩もとても好きだった。悩みがあるときに心が安らいだ。
今年の春はわたしにとって、良い気分と悪い気分の混合だった。
だからこの詩に慰められる思いだった。発見できて良かった。


-------------------------------------------------------------------------------------
     *
日々のいのちの営みがときにあなたを欺いたとて
悲しみを またいきどおりを抱いてはいけない。
悲しい日にはこころをおだやかにたもちなさい。
きっとふたたびよろこびの日がおとずれるから。

こころはいつもゆくすえのなかに生きる。
いまあるものはすずろにさびしい思いを呼ぶ。
ひとの世のなべてのものはつかのまに流れ去る。
流れ去るものはやがてなつかしいものとなる。
-------------------------------------------------------------------------------------


PageTop

日の差す花壇

1319_162.jpg


秋の日の差す、秋の花壇。

今日この日だけしか、たぶん出会わない花たち。

こんにちは。さようなら――



日の差す花壇/庭園


PageTop

秋晴れのシンボルタワー

1319_161.jpg


秋晴れのシンボルタワー。
秋晴れのソテツ。

秋晴れの芝生、秋晴れの花壇。

秋晴れの苑。



秋晴れのシンボルタワー/庭園



PageTop

庭のまんなか

1319_156.jpg



庭園の真ん中には、花壇があった。

真ん中から道が延びていた。

どこかに通じる道――

慣れない感触の石だたみ。

まっすぐ歩いてどこかに行こう。




庭のまんなか/庭園



PageTop

見知らぬ庭園

1319_155.jpg


見知らぬ庭園、訪ねてやってきた。

見慣れぬ花壇に見慣れぬ木々。

知らない場所にやってきた。



見知らぬ庭園/庭園



PageTop

証明写真機

1119_059.jpg


またまた新たな派遣会社に登録に行きました。もう何社めか・・・・・・というのでだれてます。
前日に履歴書用写真を探したところ、ない。
前日といっても夜中に近い時間のこと。今から写真屋さんに行くことはできない、と当日にまわしてしまいました。

午前中だけ仕事があり、職場の友人とお昼を食べた後、登録に向かうべく駅へ。
インスタント証明写真を撮影できる機械がどこかにあるだろうと思ったら、駅にあったので撮ることにしました。目的地の駅前にもあるとは限らないし、見つけたところで撮ってしまおうと考えたのです。一人中で撮影している人がいて、外に一人待っている人がいたのですが、並ぶことにしました。

並んでいた人は白髪のおじさん(まもなく または 既に おじいさん)で、やり方が分からないと言っていました。
中にいた人(若い男性)がカーテンを開けて出て来ると、入れ違いに中に入ったおじさんはその若い男性をつかまえて「どうやって撮ればいいか分からない」と訴えました。
若い男性の写真が現像されて出てくるまでは、おじさんの撮影はできません。画面には『写真は外に出てきます』と案内が表示されている状態で、休止しているからです。
待っている間、おじさんは若い男性に「すみませんね」と言ったり指示通りに腰掛けたりしていました。
そして若い男性はおじさんの撮影に最後までつきあい、撮影する瞬間だけカーテンを閉め、「ここから出てきますから」というところまで指示して去っていきました。
おじさんの写真が出てくるまでわたしの撮影はできません。
おじさんは待ちながら「お待たせしてすみませんね、分からなくて」と話したりしていました。

おじさんの写真を待つ間におばさんが私の後ろに並びました。
パスポート用写真を撮りたいが、この機械でできるか、とわたしに問いました。
お察しの通り、おじさんの写真ができた後撮影をしたわたしは、自分の写真を待つ間、「どうすればいいの?」と聞かれ、結局おばさんの撮影に最後までつきあいました。

この証明写真ボックスは割と使用頻度が高いらしいけど、いつもこうしてその場にいた比較的若い方が教える仕組みでうまくいっているのだろうか、と思いました。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。