FC2ブログ

夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヘンリ・ライクロフトの私記

1130_111.jpg



ヘンリ・ライクロフトの私記

ジョージ・ロバート・ギッシング





 「人間とは自らの不幸を嘆く愚痴多き動物なり。」この言葉の出典がどこか、私はよく知らない。一度シャロンの文章の中で、出典を明らかにしないままで引用されているのを見たことがある。そしてそれ以来、この言葉は名言というか、悲痛な真理として、しばしば私の心に浮かんだものであった。少なくとも長年の間、私にちっては真理であったのだ。自分を憐れむという贅沢がなければ、人生なんていうものは堪えられない場合がかなりあると私は思う。子の自己憐憫のおかげで自殺から救われている場合がどれだけあるか分からないと思う。ある人にとっては、自分の不幸を語ることは大きな慰めであろう。だが、そんなことをしゃべったところで、ただ黙って考えているうちにしみじみと味わわれるあの深々とした慰めなどは得らるべくもなかろう。私の場合、自己憐憫のこの癖が昔を思ってめそめそするといったのもでなかったことはありがたいことであった。現に苦しみに直面していた場合でも、そのためにあがきがとれなくなるほど根強い悪癖になることもなかった。この癖についに負けたとき、私は自分の弱さに気がついていた。そうやって慰めを感じたとき、私は自分自身をなんて情けない奴だと思ったものだった。たとえ「自らの不幸を嘆きつつも」、私は嘲笑的に笑うことができた。そして今では、われわれを支配している、知られざる力のおかげで、私の過去はその死せるものを葬ったのである。いや、それだけではない。私は自分が今まで経てきた生涯のすべての出来ごとの必然性を、まじめに、しかも快く承認することができる。かくなるべきであったし、また現にかくなったのである。このためにこそ自然は私を作ってくれたのである。その目的がなんであるか、もとより私の知るところではない。しかし、永遠から永遠にわたる万象の流れの中で、私の定められた運命はまさにかくの如きものであったのだ。

  いつも私が恐れていたように、もしも私の晩年が無残な貧窮のうつに送られたとしたら、はたしてこれだけの人生観を私はうることができたであろうか。仰いで天上の光をみようともせず、不平たらたら、ただ自憐の奈落の底に沈み、のたうちまわっていたのではなかったろうか。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。