FC2ブログ

夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

芸術とはなにか

1129_276.jpg

1129_277.jpg

芸術とはなにか

ヘンドリック・ウィレム・ヴァン・ルーン

(『芸術とはなにか』第一章より)



 ・・・・・・・・・・・・
  もう一つの例を示そう。そうすればわれわれはかならずたがいに理解し合えると思う。私はかつて古いイタリア絵画や18世紀のイギリス絵画の貴重なコレクションをもつ地方博物館やハイフェッツが独奏者をしていたことがある交響楽団をいtjも自慢の種にしている人々の住む町々を訪れたことがある。だがその町に着いてみると、かれらが全く品の良くない家に住み、みすぼらしい、きたない街を通って仕事場にかよっていること、そしてかれらの日常生活の中には、一日のうちわずかな時間しか開いていないその博物館と、一週間にただ一度、しかも2,3時間しか演奏しないその交響楽団を除いては、目や耳を楽しませてくれるものが何もないことがわかった。

  このような隣人たちと議論したり、かれらがまちがっていると説きつけたりしてもしかたがないことは、後になってよくわかったのだが、当時私は若く、短気で、全く経験がなかった。私はこれらの正直な町の人々に対してこう説きつけたものだ。本当の巨匠たちの本当によい複製画を、2,3枚居室や食堂にかけておく方が、地方美術館の片隅に1ダースものコレッギオやレイノルズの原画をしまいこんでおくよりもはるかに芸術的な心の救いのためによいであろう。また子どもたちを一週間に一度だけ交響楽団のコンサートにひっぱってゆくよりは、毎日本当によいレコードを聞かせてやる方が(すくなくとも音楽に関する限りは)おおいに世界の将来のためになるであろう。実際そのコンサートたるや、かれらにとっては全く退屈な一夜以外の何ものでもなく、ラジオの楽しい通俗性と感傷性からむりやり引きはなされているというだけのことではないか―――と。

  こういう議論をしても得たものは何もなかった。いくらかの人々は私に心から賛成してくれたが、これらの人々は今さら説得する必要はなかった。というのはかれらはいつも私と同じ考えをもっているからである。ところが別の人々は私のことを、新奇な教育思想をもった物好きな男で、わざと異を立てるため、おもしろがって宣伝しようとしているのだと考えた。

  このような経験を二、三したあとで、私はおしゃべりをおさえることを学んだ。だが私は絶対に正しかったと思っている。慈善は客間からというが、芸術はそれよりもずっと奥から、すなわち芸術は台所から始まるのである。もしも諸君が、ラファエルを三枚、デル・サルトを二枚、ムユヨを六枚、それにレンブラントまでもっている人に夕食に招かれ、しかも食事に使うフォークやナイフやスプーンが不恰好で釣合いがとれていないようなものだったとする―――そのときは、よく覚えておき給え。その人は真の芸術を大切にしていないということがわかる。かれはこれらの絵を隣人を感心させたり、銀行で信用を得るために買ったのである。かれはそれがなければ生きてゆくことができないから、それを手に入れたのではない。かれは真の芸術愛好者ではなく、かれの所蔵する絵は、あkれにとって夫人の着ている高価な毛皮のコートほどの値打ちもないのである。
  ・・・・・・・・・・・・



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。