FC2ブログ

夢の海

――すべてうつろうその果てに――

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヘンリ・ライクロフトの私記

1129_449.jpg



ヘンリ・ライクロフトの私記

ジョージ・ロバート・ギッシング





 かつてジョンソンがいった。「君、貧乏がけっして不幸なことではないという議論が多いが、そういう議論そのものが、結局は貧乏が明らかに大きな不幸であることを証明している。たくさんお金があれば幸福にくらせる、ということをやっきになって説こうという人間はまずないからね。」

  この率直な、常識の大家ジョンソンの言葉は、誠に人生の機微をうがっている。貧乏なんてものはもちろん相対的なものであって、貧乏という言葉はなかんずく各個人の知識人としての地位と密接な関係がある。新聞の報ずるところが本当であれば、週25シリングの定収入さえあれば、なんぼなんでもわたしは貧乏人でございますなどといえた義理ではないと思われる、れっきとした貴顕淑女がイギリスには幾人もいるのである。その連中の知的欲求ときたら、まるで馬丁や下働きの女中のそれと同じなのだ。同じ額の収入が私にあれば、生活だけはやってゆける。しかし貧乏であることははっきりしている。

  人々は、お金では貴いものは買えないという。そういうきまり文句こそ、貧乏を経験したことのないなによりの証拠なのだ。いかにも私は一年にいくばくかの金を稼ぐことはできた。しかしあと2,3ポンドという金が手に入らなかったばかりに、私がこうむった悲しみと寂しさを考えるときに、お金のもつ意義に対して私は今さらのように憮然として嘆ぜざるをえないのである。ただ貧乏であったために、すべての人間が当然の権利として求めるかりそめの幸福の数々、快い喜びの数々を私はいかばかり失ったことであろうか。来る年も来る年も果たされなかった愛する人々との出会い。私がしたいと思ったことも、ほんのわずかな助けさえあればできたはずのことも、結局それがどうにもならなかったために生じた悲哀や誤解や、否、みじめな疎遠など。ただ乏しきがゆえにささやかな娯楽や慰安を切りつめたり諦めたりしたことも数限りなくある。ただ生活が苦しいという一事のために友人を失ったこともある。また友人として交際できるはずの人々も遂にあかの他人として終わったこともある。骨を噛むような孤独が、切ないほど心から友を求めているのに冷たく強要された孤独が、幾度か私の生活をみまったが、それというのも全く私が貧乏だからであった。どんな善行だって現金さえあればなんとかできるといってもほとんど過言ではなかろう。

  「貧乏は」とさらにジョンソンはいった。「全く大きな不幸なのだ。しかも多くの誘惑、多くの悲惨をもたらす不幸なのだ。したがって私は心からそれを避けるよう諸君にすすめざるをえない。」

  私自身は、貧乏を避ける努力をせよという、そんな忠告は不要であった。ロンドン中の多くの屋根裏は、貧乏というこの面白くもない相棒といかに私がいがみあったかを知っているはずだ。貧乏神が最後まで私につきまとわなかったのを私は不思議に思う。それは自然界における一種の気紛れかもしれない。もし気紛れだとすると・・・・・・しばしば真夜中に目をさました時などになんとなく私が不安にかられるのも実はこのことなのだ。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。